画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

ラゼックによるレーシック手術の体験記

私の視力は幼い頃から長い年月をかけ近視の状態が進行していきました。
このような場合、以前ならば治療方法はありませんでしたが、近年ではレーシックの手術という選択肢があります。
私は中学生の頃から受験勉強を長時間し始め、その頃から目が悪くなりました。
その為、高校時代から眼鏡やコンタクトを使用し続けたものの、その着用時の違和感やコンタクトのケアに悩まされていました。
しかしながら、レーシックでの視力回復手術を受ける事を決意し、裸眼での生活ができるようになると想像すると、期待に胸が膨らみました。
この手術は一般的に怖いイメージがあり、料金が高いと思われがちですが、私が調べたところレーシックの手術の失敗は非常に少なく、大変安全性の高いものです。
又、医療技術の進歩と共に、視力戻りの症状なども少なくなり、清潔な専門の眼科クリニックで手術すれば何の問題もない非常に安全性の高いものです。
それ故に、私はこの視力矯正の手術を受ける事を決意しました。
私は手術前の適応検査の時に、両目とも角膜が薄いとのことで、担当のドクターからラゼックでの手術を勧められました。
ラゼックという治療法では一般的なレーシックよりも角膜を削る量を少なくできる為に、目にかかる負担が少なくなります。
その為、私はこの術式を選択しての手術をお願いしました。
ここではラゼックによるレーシック手術の体験記についてお話致します。
先ず最初に、このラゼックと呼ばれる術式では、角膜の細胞を取り除き、患者の近視、遠視、乱視の度合いに合わせレーザーを照射する術式です。
この術式では他の方法に比べ角膜の強度を保つことができ、これまでフラップを作成するのに必要な角膜の厚みが足りず手術を受ける事ができなかった方にも適応できる手術方法となります。
又、この術式では角膜のフラップ作成のためのリングが眼に入らない方や、網膜が弱く眼圧をかけることが困難である方、眼に怪我をする可能性の高い方、格闘技などの衝撃の強いスポーツを行う方に適した手術方法となります。
私の場合はこの手術を受ける直前に点眼麻酔をしてもらい、手術室に移動しました。
この手術自体は痛みが無く短時間で終了するものである事は、事前の体験談での情報から知っていましたが、目を開けている状態から、目に迫る医療機器や液体が見えるために、多少の恐怖心がありました。
特に、手術の各工程の中でも、レーザーを照射している時には音が聞こえる為に驚いた事を記憶しています。
そして、術後一時間くらい経った後に麻酔が切れ、多少目がしみる状態を経験しました。
しかしながら、このような症状も目薬を差せば大きな問題は無く、短時間でこの症状は治まりました。
このような術後の症状は、定期的に目薬を差し、アフターケアをしっかりと行なっていれば問題はありません。
又、当日はお風呂に入れないので、体を軽く拭いて済ます事が必要です。
このような工程を終えて、この視力回復の手術は終了しましたが、私が心配していた術後の症状などは何も発症せず、翌日から裸眼での視力回復も顕著になり、この手術の効果の即効性に驚かされました。
このようにラゼックによる視力回復の手術には、このようなポイントがあります。

コンテンツ

おすすめ