画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

レーシックのレーザーの種類による治療法の違い

私は長い間視力が悪く、日常生活の中でも困る事が多く、この解決法を探していました。
コンタクトは目が乾くし、夜遅くなると目を開けていられない状態になる為に、コンタクトの装着は諦めていました。
このような時に雑誌で目にしたレーシックの広告に興味をもち、その詳細を知っていくうちに、この手術の技術の高さに惹かれ、手術を受け視力矯正を行なう事を決めました。
私がお世話になったクリニックでは適応検査から手術後のケアまで、一貫して親切なドクターに対応していただけた為に安心して手術を受ける事ができました。
ここではレーシックのレーザーの種類による治療法の違いについてお話致します。
先ず最初に、この手術を受ける前には数多くの視力検査をして目の現状を把握します。
この検査では目の状態を入念に細部まで調べてもらうことができ、視力を測定する為に医療検査機器のレンズを何回も入れ替え、緑と赤などの色調の確認もして検査が進められます。
次に、複数の検査を終了した後には手術方法の説明があり、担当のドクターからレーザーの種類による違いが説明されました。
基本的なものは、角膜に光線を照射し屈折矯正を行う術式で、角膜のフラップ作成する時に特殊な医療器具で角膜の表面部分を薄く剥がし、その部分をめくって角膜にレーザーを照射するものです。
この術式の場合は術前と術後の痛みはほとんど無いという説明でした。
又、担当のドクターからは、専用の機器を使用し、より薄いフラップを作成して屈折矯正を行う術式がある事も教わりました。
この術式では角膜の皮の部分のみのフラップ作成するもので、基本的な手術が困難な角膜の厚みが足りない方や、強度の近視の方に適した手術である事が説明されました。
角膜の細胞は新陳代謝により新しく生まれ変わるため、作成したフラップは消失するのです。
そして、フラップが動いてしまう心配がなく、激しいスポーツをされる方にもお勧めな術式である事がわかりました。
そして、ドクターから説明された術式に、特殊な医療器具でレーザーを照射してフラップ作成するものも説明されました。
これはステンレス製の機器を使用せずにレーザーでフラップを作成し、手術の安全性と精度がさらに高まる方法です。
この手術は角膜の形状が理由となり、従来の方法で手術が困難な方でも受けられるものとなります。
更に、特殊な方法で角膜の細胞を取り除き、近視や乱視の度数に合わせて照射する度合いも変える術式があります。
この手術は角膜の強度を保つことができることから、フラップを作成するのに必要な角膜の厚みが足りない方にも適しており、網膜が弱く眼圧をかけることができない場合や、眼に怪我をする可能性の高い方でも受けられるとの事でした。
このような基本的な術式の説明が終わり、私の検査結果を踏まえ角膜は厚くないために、角膜が薄い状態でも受けられる術式が提案され、この安全性の高いものを選んでの手術になりました。
この手術方法は高い確率で視力戻りがないという点も魅力で、私が希望としていた条件を全てクリアーしていた為に、この術式での手術を受ける事に決めました。
このようにレーシックの術式には様々なものがあります。

コンテンツ

おすすめ