画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

レーシックをするなら、レーザーの種類も確認すべきです。

視力を矯正・回復できる手術という事で、近年とても有名になったのがレーシックです。
翌日から視力が回復してきますし、視力で悩んでいた人にとってはとても有り難い手術です。
そんなに効果がでるのであればやってみよう、と考えている人が増えてきているとニュースで見たことがあります。
この手術は実際にメスを入れるという方法では無く、レーザーを角膜に照射することで、視力の矯正を行う手術方法です。
しかし、このレーザーには種類が色々と有り、手術方法も異なっているというのを知らない方は多いのではないでしょうか。
また、その方法によって照射の仕方も変わってくるのです。
実のところ、私もいくつか種類があるという事は知らず、その種類によって効果までもが違ってくるという事も知りませんでした。
しかも、レーシックは保険が利かない自由診療なのです。
どこの病院で行うかでもちろん料金は異なってくるのですが、それだけではなく、どのレーザーを使用するかによっても価格が異なってくるのです。
自由診療での手術はかなり高額になりますから、自分のお財布事情を考える必要が出てきます。
まず、手術には5種類あります。
症例が多く最も一般的なものをレーシックと呼んでいて、この方法で手術をされる方はやはり一番多いです。
しかし診察を受けてみた結果で、角膜が薄い人や強度の近視の方は受けられない場合も当然出てきます。
そういった場合は別の方法を選ぶ必要が出てきますが、安心してください。
角膜が薄くても、強度の近視でも対応してもらえるレーザーもあります。
また、目に負担のかかる仕事をしている方やスポーツをされている方には、視力の回復には時間がかかるものの目の負担になりづらい方法もあります。
逆に、高精度のレーザーを使用する方法があり、とても早い視力回復がのぞめますが、どうしても料金が高くなってしまいます。
自分の目に負担にならないような方法を選ぶのか、高額でも効果がすぐ現れる方法を求めるのか、料金的に負担にならないように安さを選ぶのか、様々な選択肢があります。
まずはしっかりと診断を受けて、医師に目の状態を確認する必要があります。
私の場合は角膜の薄さも問題ありませんでしたし、酷い近視でもありませんでしたので、最も一般的な方法を選択しました。
目を開けたままになりますので恐怖感があったというのは正直な所です。
また、視力が安定してくるのも1週間から長くて2ヶ月くらいかかると説明を受けていました。
すぐに効果がわからないという不安はありました。
しかし、日がたつにつれてどんどん安定してくる視力に感動を覚えました。
手術をしてから1年以上たった今、パソコン仕事をしすぎて目が疲れることはあっても、良い視力のまま安定した状態が続いています。
レーシック手術をして、本当によかったなと思っています。
自分が手術をして満足感を得るためには、ある程度情報を調べる必要は出てきます。
ですがこれは同時に、自分が安心して手術を受けられて、満足いく結果が得られるという所に繋がってきます。
決して安価な手術ではありませんし、何度も手術が受けられるわけではありません。
病院だけではなく、レーシックの種類についても事前に確認をすべきです。

コンテンツ

おすすめ