画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

レーシックのレーザーの性能比較は非常に重要です

レーシックとは角膜の表面を薄くめくってふたのようなもの(フラップ)を作り、それをめくってレーザーを照射することで角膜の屈折率を変える角膜屈折矯正手術の一種です。
これまでの視力矯正と違って、この手術を受ければ矯正器具を装着する必要がなくなり、裸眼での視力回復ができます。
そうしたことから、芸能人や著名なスポーツ選手も多く受けており、広く一般に認知されるようになりました。
比較的新しい技術ではありますが、本国アメリカだけでなく日本でもどんどんと症例数を増やしており、今後ますます一般的になっていくと言われています。
私も周囲にレーシックを受けた人が急に増えて以来興味を持ち始め、受ける前に情報収集することにしました。
まず、レーシックと一口に言っても、使用する機器や術式によって種類があります。
どの種類を選ぶかはその人のライフスタイルや求める回復後の視力によって変わってきます。
レーシックを受ける際には必ずレーザーを使います。
なので、手術を行う医師の技術はもちろんですが、この機器の性能によって手術の成否が左右されるといっても過言ではありません。
私は調べてみるまで使う機器の種類というものがここまで結果に大きく影響を与えることを知りませんでした。
手術を受けるクリニックを選ぶときは手術を行った回数などの実績に加えて、どの機器を導入しているかも確認しておく必要があるという事です。
具体的には、フラップを作るために使用するFSレーザーとそのフラップをめくった後に角膜を削るエキシマレーザーの2種類があります。
そして、その2種類のそれぞれにおいて、さらに機種によっていくつかに分類することが出来ます。
ここでは主に前者について比較してみます。
これはフラップを作るための機器全般の呼び名です。
この機器を最初に開発したイントラレース社の名前を取ってイントラレーザーと呼ばれることが多く、それらを使用した手術法をイントラレーシックという名前で呼んでいます。
最初に開発した機器から幾度となく改良と進化を重ね、最新機種は現在の最先端レベルであるといってよいでしょう。
当初開発した段階では、イントラ社がこの分野において独占状態でしたが、その後、ジーマ社がイントラレース社に追随する形で新しい機器を開発しました。
イントラ社のデメリットを改良し新たにとってかわる最先端技術として人気を呼んでいますが、フラップのずれが弱点として懸念されており、現在のところは世界的に見てもイントラレース社の最新機器が最も優れた評価を与えられています。
フラップのずれは、術後の感染症や合併症を引き起こす原因になるので非常に重要な問題です。
なので、どの機種にするかは慎重に選ぶ必要があります。
これに加えて、実際に角膜を削るエキシマの性能も考慮しなければなりません。
こちらも、手術を受けた後の後遺症や視力の回復具合につながる非常に重要な部分です。
なので、しっかりと性能について比較する必要があります。
視力が悪い人にとって裸眼での視力回復は非常にありがたいことです。
私もコンタクトで長い間不便を強いられてきたので、この治療法は本当に助かりました。
たくさんの種類がありますが、自分に合ったスタイルの術式を選ぶようにしましょう。

コンテンツ

おすすめ