画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

ローンや保険などレーシックの際の費用調達

私がレーシックを検討したときに、問題になってきたことが2つありました。
一つは治療の情報や術後のケアの問題です。
視力を回復するための治療ですが、術後の状態に問題がないか、どのようなケアが必要なのか、クリニックの選択はどのようにすればいいのかなど、正確な情報を集めるのに労力を使いました。
もう一つは費用の問題です。
驚くほど高額な治療費というわけではありませんが、簡単に出せる金額でもありません、ローンを組んで治療を行うのか、ローンを組めるクリニックについての情報、自分でローンを組んだ場合などを調べていきます。
民間の保険の適用範囲に入っている場合もあるので、自分の保険の条件について調べることもしました。
私の場合は、以前から入っている保険が適用の範囲内だったので利用しました。
最近の保険はレーシックがカバーされていないものが多く、保険を当てにしている場合は、カバーされているかのチェックが必要になってきます。
まずはレーシックがどんなものであるかを正確に知ることで、治療についての不安や疑問も解消されます。
そして、治療がコストに見合うものかということは、正確な情報を得た上でなければ判断出来ません。
情報を集め、自分なりに分析を行い、その上で、複数のクリニックでカウンセリングを行うことをおすすめします。
自分の目のコンディションで治療が必要なのか、ライフスタイルに合っているのかなどを判断していきます。
判断をする際には、必ずセカンドオピニオンをもらうようにします。
同じレーシックの治療をする専門のお医者さんでも、実際に話しを聞いてみると、治療の説明の仕方にも違いがありますし、メリットやデメリットの考え方も違います。
私の眼の状態や仕事、ライフスタイルなどの情報を伝えて、総合的に治療が必要か否か、どんなメリットがありリスクがあるのかを質問しても、クリニックによってその答えは違っている部分も多かったです。
最終的には自分自身が決めることですが、違った角度からの意見を複数聞くことで、より正確な判断が可能になってきます。
治療のコストはどんなメリットがあるかによって、それが適正なものか、割高なものかが違ってきます。
確かに治療費の額そのものも重要な問題ですが、より重要なのはコストパフォーマンスです。
少し高いかなと思っても、治療の後のメリットが自分にとって大きなものとなるのなら、治療の費用は決して高いものではないということになると判断しました。
ローンを組める病院については、インターネットで検索すると沢山情報が出てきます。
保険については、現在加入している保険について窓口に問い合わせることでわかります。
しかし、あくまでも良質な治療を受けられることが大切なので、当たり前の話ですが、治療費やローンが組めるかではクリニックは選びませんでした。
目はデリケートな部分なので、治療がうまく行かず、術後の状態が悪いと安く治療できても意味が無いからです。
まずは、情報を集めて自分自身でよくレーシックのことを理解する、次に、複数のクリニックでじっくりと話を聞く、クリニックを決めてから、費用の最適な支払い方法を考えるという順番で決めていくと、安心できる治療が期待出来ます。

コンテンツ

おすすめ