画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

安いレーシック手術は危険かどうか

視力が低下した結果、メガネやコンタクトを付ける人の多くが眼精疲労などの症状から肩こりや頭痛など、日常で様々なトラブルに見舞われています。
そのため、最近できた視力回復手術のレーシックに自然と注目が行くようになっています。
現在でも多くの人がレーシック手術を受けているのですが、問題はレーシック手術を受けた後にトラブルが起こるという場合が、よくインターネットや週刊誌などに掲載されています。
特に安いレーシック手術はいけないという風に多くの人が感じてしまっていて、様々な解説用の専門ホームページや掲示板などでは値段で決めないほうがいいという注意書きをよく目にします。
しかし、本当に値段が安いというのは品質や手術そのものに問題が出てくるのかというと、実際はそうではありません。
手術そのものは基本的にレーザーメスを使用した比較的安全で成功率も高い手術方法なため、きちんとした専門医であれば料金は関係なく成功しやすくあります。
確かに、料金が高い場合には経験数や肩書きなど様々な面で優れているという安心感があります。
しかし、どんな名医であっても失敗を0にすることは不可能です。
何らかのアクシデントや問題が発生するというのは、レーシック手術に限らず様々な医療機関での手術にはつきものです。
そのため、名医だから経験豊富だから絶対に失敗しないと言う保証にはなりません。
高いから良いというよりも、必要なのは利用する人の生活環境や仕事内容などの良く視力を何に使うのかという把握がきちんと、医師自体にできているかどうかが問題なのです。
その点では場合によっては慣れた専門医が行うよりも、若手の医師が行ったほうが結果が出せる場合もあります。
だからこそ安さなどの料金面だけに気を取られて、高いから問題ないはずと思って手術をしに行かれるよりもそのクリニックや病院などの医療機関そのものの流れや、担当の専門医がどういう人で利用者の意見や要望をきちんと聞いてくれるのかなどの面を、主に見ていくことで安くて質の高い手術が受けられるというケースもあります。
特に手術後に問題になっているケースの場合には矯正が強すぎた結果、遠くの物は見やすくはなりますが、近くの物を長時間見られない遠視の状態になるというケースが問題になります。
これは手術の失敗ではなく、手術自体は成功しているのですが矯正そのものが強くかかりすぎてしまった結果、今までの生活環境で必要な視力とは異なる遠くを見るのに優れた視力になったため、近くにピントを合わせると疲れや、頭痛などの今までとは逆の状態から、同じ症状が出てしまうのです。
その部分を回避するためには、予め利用される人自身が生活の主体に何を使用していてどれくらいの視力が必要なのか、というのを医師が把握した上で矯正をする必要があります。
そこには名医や通常の専門医とは別に医師そのものの、利用者に対してのニーズをどこまで把握しできるかがネックになります。
その為、安いから悪いのではなく、高いから良いというわけではなくしっかりと、利用される人自身がその医者とコミュニケーションをとって矯正の手術に臨めるかどうかが、最も重要な部分です。

コンテンツ

おすすめ