画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

安全なレーシック手術を受けるために

あなたはレーシックを知っていますか。
レーシックとは目の角膜をごく薄く切開しフラップを作り、角膜にレーザーをあてて屈折率を変えることで視力回復を行う施術のことです。
手術に使うレーザーはエキシマレーザーというもので、2000年に厚生労働省に安全性が認められています。
病例数はアメリカでは年間130万件以上で、日本でも年間約45万件の手術が行われています。
新しい施術と言っても、術後10年以上経つ方も多くいる施術方法です。
特に最近では施術を受ける方が増え、メガネやコンタクトに変わる視力矯正方法として認知されていますね。
それでもご心配な方はたくさんいらっしゃるでしょう。
ハロー、グレアなど後遺症について聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ハロー、グレアとは施術後に夜間に光が眩しく見えたりする症状ですが、これは一過性のもので、時間の経過とともに治まっていくものです。
しかも技術と機器の進歩により、この症状も抑えるような施術も出来るようになっています。
私は恐がりですので、施術を受ける時、色々とインターネットで検索しました。
その中で、私が施術をうけたレーシック専門クリニックは特に症例数が多く、安全性について徹底した対応がなされていたのでご紹介したいと思います。
まず、感染症対策として、手術室は基準を満たしたクリーンルームで、直接触れる器具はすべて使い捨てです。
他の器具も滅菌消毒が行われていました。
担当の医師はもちろん眼科の専門医でかなりの症例数をお持ちでしたし、クリニックにはレーシックの指導認定医が在籍していたのもポイントでした。
しかも、ここのクリニックが導入している機器はフラップがずれにくいようにカットできる機器で術後の炎症も抑えられるとのことです。
施術の流れはこんな感じでした。
眼球に型がついていると駄目なので、3日前からコンタクトは禁止です。
施術の前には検査とカウンセリングが行われます。
検査は朝から細かく色々な検査をやりましたね。
けっこうな時間がかかりましたが、この検査で施術が行えるかを判断するので大切なことです。
検査の後のカウンセリングでは、担当のカウンセラーが実際の施術について細かく説明をしてくれます。
術後のことについても詳しい説明がなされます。
実は私の場合、術後に少し痛みが出たのですが、説明があったので安心して点眼の痛み止めをしました。
痛み止めの後、しばらくしたら良くなることもわかっていたので、冷静に対応出来たと思います。
実際の施術はごく短い時間で終わりました。
点眼の麻酔薬をしたら周りはぼんやり見える程度なので、怖くもなく、数分程度でしょうか。
先生も声をかけてくださったので落ち着いて終了することが出来ました。
術後はしばらく待って、見えるようになってから帰宅です。
手術部分を守るために保護メガネをします。
この保護メガネは花粉症の時にかけるような物なので、そんなに違和感はありませんが、傷口から感染したり、フラップが開かないように就寝中もかけておくことが大切です。
私はレーシックをして本当に良かったと実感しています。
朝、目が覚めた瞬間から世界がクリアーなのはすばらしいことですよ。

コンテンツ

おすすめ