画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

レーシック手術後に視力が安定するまでの期間

レーシック手術後に、眼が手術の疲労から回復し、しっかりした視力が安定するまでには、ある程度の時間が必要です。
レーシック手術後に、視力検査で、1.0まで視力を取り戻す人もいますが、人によって視力の回復期間というのは、様々です。
よく日の検診で、目標視力になっていることもあります。
大体1週間ぐらいすると。
視力が安定してきまます。
長い目で見ると、1か月から3か月みて、一定の視力まで、上がっていくのです。
手術後は、視力は授受に上がっていきます。
手術前に、眼鏡をかけて来院したけども、手術後は、視力が上がってきまので、その眼鏡は、視力が合わずに、使用しなくても、裸眼で帰宅できる状態と思って良いでしょう。
しかし、だれもが、すぐに、見えることになるとは限らずに、やはり、術後は、眼の見えにくい症状が出たり、涙が止まらない方もいますので、術後は、付き添いの方に来ていた方が、帰宅をするときには、安心です。
もちろん、個人差や生活習慣で視力が安定するまでの期間は、差が生まれます。
早い人では、約1週間で安定した、視力になる方もいますし、約1か月間視力が安定せずに生活をしなければならない方も、相当いらっしゃいます。
レーシック手術後に、視力が安定するまでの期間は、見えにくかったり、もやがかかったような感じになったりもします。
おし、手術後に、そのような症状が続いたり、痛いことがあったりしたら、もう一度病院に相談することをおすすめします。
何が原因で、痛みをおこしているのか、視力が安定せずにもやがかかるのかを、きちんと検査する必要があるからです。
この法な症状を、放置しておくと、最近よく聞きます後遺症や、レーシック難民になりうるので、手術した病院で、早期の治療をしたほうが良いでしょう。
目的をしっかり、達成してくれる安心な病院を選びましょう。
手術の後遺症、失明や副作用他に、手術難民にならないためにもです。
手術費用や価格が安い、低価格などの経済性ばかりを気にせずに、きっちりした病院選びをしないと、恐ろしい結果が待っています。
視力の安定に関してですが、視力の回復には人それぞれに、安定する機関が異なると、前記しました、それには訳があるのです。
どれだけ視力を戻すか人によって違いますし、角膜を削る量を調節して、屈折率を変える度合い、というのは人によってさまざまだからです。
もちろん、術前の視力も、人によって異なるわけですから、このように、期間はさまざまです。
たとえば、視力が0.03だった人が2.0までの視力を目標にすると1週間ほどで、1.5まで視力が上がることがあります。
その後は、視力が上がったり下がったりで、平均1.5を保つようになるのです、これは、手術の失敗ではなく、2.0というか矯正のために、調節して出た視力が1.5ということになるのです。
見えすぎてしまっても、頭痛などの症状を起こしますので、ちょうどよい視力に、戻すことが大切なのです。
実例で言いますと、1.0から1.5の間で目標視力を設定することをおすすめしています。
術後、視力を安定させるまでの期間、見えずらいこともあるかと思いますが、日々、ご自分の眼の状態を気にしながら、定期検診に必ず行って、視力の検査をしましょう。

コンテンツ

おすすめ