画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

レーシック手術をしたら暗闇での視力は

レーシックは、とても便利な施術です。
その存在を知ったときには、私はすぐにでも手術を受けたいと思いました。
メガネとコンタクトを使って、普段は生活していたのですが、それでは不便を感じることが多々あったのです。
例えば、メガネをしていると邪魔になることが多いです。
少し運動などをすると、メガネがずり下がってきてしまうので、それを上に上げるのも面倒です。
そして、激しい運動をする場合には、メガネが落ちてきてしまう回数も増えます。
また、めがねしていると、頭が締め付けられるようで、頭痛にも悩まされるのです。
コンタクトの場合は、めがねのように邪魔になってしまうことはありませんが、とりあえず費用がかかってしまいます。
一定期間使うと、後は捨てるしかないのですが。
ですので、常にコンタクトを用意しておかなくてはいけません。
また、コンタクトを使った後には、洗浄ケアもきちんと行わなくてはいけません。
それも面倒でした。
そして、目が乾燥してしまうのにも悩まされました。
コンタクトをつけている間は、目が乾燥してしまってしょうがないので、常に目薬を持っているようにしなくてはいけませんでした。
メガネとコンタクト、どちらも使えば目が見えるようになるので便利なのですが、使ってみるとそれぞれに不便をかんじてしまうことがありました。
ですが、レーシックの手術を受けるのであれば、これらの不便を感じることがなくなるのだと思うと、すぐにでも手術を受けたいと思ったのです。
ですが、いろいろと不安を感じることもありました。
目の手術と言うこともあり、とても不安だったので、事前にインターネットで評判の良い病院を見つけるところから始めました。
インターネットを使えば、その病院のひょ番などを調べることができるからです。
そして、評判の良い病院で、手術をすることを決めたのですが、手術の前にレーシック手術がどのようなものであるのか説明を受けました。
その中に、手術をしたすぐには暗闇で目が見えづらいことがあるということも聞きました。
急に目が見えすぎてしまい、慣れるまでは変な感じがするということも聞きました。
そこでいろいろと質問などもして、とりあえず聞きたいことはすべて聞きました。
そうして、大丈夫だと思ったので手術を受けることにしたのです。
実際に手術を受けるのは、とてもこわかったです。
目の手術ですから、もしも失敗するようなことがあれば、と考えずには居られませんでした。
ですが、そんな私の不安をよそに、呆気ないほど簡単に手術は終わりました。
言われていた通り、最初は暗闇では目が見えづらいように感じたのですが、今では普通に見えるようになりました。
レーシックを受けてからは、本当に快適に生活することができています。
メガネやコンタクトをしていたのでは、感じることができない快適さなので、本当に手術を受けてよかったと、今では思っています。
定期的な検診は受けるようにしていますが、その他にも普通に生活することが出来ているので、メガネやコンタクトをしていたときのような不便さを感じることはありません。
あのとき、手術を受けることを決意して本当によかったと思っています。

コンテンツ

おすすめ