画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

レーシックの種類は使用機器と術式の違いによって生まれます

裸眼での視力回復手術として人気を集めているレーシックですが、実は使う機器や術式によって呼び名が異なり、様々な種類があります。
ある方法では手術を受けることが出来ない場合でも、違う方法であれば受けることが出来る場合もあります。
現在では、この手術が普及し始めた当初に比べると機械も相当進歩しており、手術を行う医師の技術も上がってきたと言えます。
それによって、より多くの人がその人に合った方法で手術を受けることが出来るようになったのと同時に、その種類や分類も複雑化してきていると言えます。
私も最初はこんなに種類があるなんて知りませんでしたが、より多くの人に合った手術法があるという事なので、自分のスタイルに合ったものを探すために違いを調べてみました。
レーシックでは、まず角膜を薄くめくり、そのめくった部分にレーザーを当てることで角膜の屈折率を変化させ視力を回復させます。
術式の違いは主にこの角膜を薄く切ってめくりふたのようなもの、フラップを作成する作業と、角膜に照射するレーザーの違いなどによるものです。
フラップを作成する作業において、従来のマイクロケラトームという超小型のメスを使う方法と、コンピューター制御された高性能イントラFSレーザーを使う方法とがあります。
数値で見るとマイクロケラトームを使用した場合のフラップの厚みは約160ミクロンメートル程度であるのに対し、イントラFSレーザーの場合約100ミクロンメートルにまで薄くすることが出来ます。
これはつまり、残された角膜の厚みが約60ミクロンメートルほど変わってくるという事であり、視力矯正できる厚みがより多く残されているイントラFSレーザーの方が優れているという事になります。
ただ、最新のマイクロケラトームを使用した場合はより薄いフラップを作成する事も可能なので厚みの点では一概には判断する事はできません。
さらに、もう1点押さえておきたいマイクロケラトームを使用した時とイントラFSレーザーを使用した時の違いは、フラップを作成した時のエッジの形です。
マイクロケラトームはいわば超小型の金属メスのようなものです。
なのでフラップを作成した時のエッジは鋭角になります。
それに対してイントラFSレーザーを使用した場合は、フラップのエッジを眼球に対して直角にすることが出来ます。
通常は、角膜にレーザーを照射した後めくっていたフラップを元に戻します。
元に戻したフラップは自然とくっついてきますが、激しい運動などによってずれが生じてしまう場合があります。
そうすると、様々な後遺症や感染症などを引き起こす原因になってしまいます。
エッジが直角であることは鋭角であるよりもずれを引き起こしにくく、ぴったりと安定したフラップを作ることが出来るのでその点でイントラFSレーザーは高い評価を得ています。
マイクロケラトームの場合よりフラップの接着時間が長くかかるなどここでも一概にどちらがいいとは判断できませんが、コンピューター制御のレーザーである事から医師の技量に左右されることもないので現在ではイントラFSレーザーを使ったイントラレーシックの方が主流になりつつあります。
どちらにせよ、違いをしっかりと認識して自分に合った方法を選ぶことが最も重要です。

コンテンツ

おすすめ