画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

レーシックで医療費控除を受ける

最近レーシックを受ける人が増えています。
角膜にエキシマレーザーを当て屈折率を変化させ、視力を矯正する手術の事です。
2000年1月に厚生労働省の認定を受けて安全性が確認されてから、年々受ける人が増えています。
有名なセレブやスポーツ選手・アイドルなどが受け視力が回復したと報道されると、瞬く間に人気が高まりました。
手術自体はとても簡単なものです。
角膜の表面を削りフラップを作って、角膜の中央部にエキシマレーザーを当てます。
そしてフラップを元に戻して終了です。
表面は元のツルツルの状態に戻りますので、見た目は何も変わりません。
目薬の麻酔をしますので痛みもほとんどなく、15分から20分ととても短時間で終わります。
術後はしばらく病院で体を休ませないといけませんが、その日の内に帰宅できるので、忙しい人も手軽に受ける事ができるので人気があります。
3年前に受けましたが、痛みもなくすぐ終わり、家に帰る頃には良く見えるようになっていて感激しました。
術後1ヶ月程はぼやけて見えたり左右違って見える事がありましたが、だんだん安定してきました。
ドライアイやハロ・グレアといった後遺症も少しありましたが、次第に改善され気にならなくなりました。
ドライアイは角膜を削る際、神経を傷付けてしまうため、知覚感覚が鈍くなり瞬きの回数が減るために起こります。
その事を知っていたので、意識をして瞬きしていたため、ドライアイは早く改善できました。
ハロ・グレアは夜間に光の周りがぼやけたり光を眩しく感じたりするのですが、これらも1ヶ月程で改善されました。
今でも1.5の視力を保ち、快適な生活を送っています。
コンタクトもメガネも必要のない裸眼は本当に素晴らしいものです。
朝起きた瞬間に部屋の隅々まで見える事を、こんなに嬉しく思った事はありません。
治療を受ける前までは、朝起きて1番にメガネを探すことから1日が始まっていました。
その時は何とも思っていなかった事が、今では何と煩わしい事をしていたのだろうという気持ちです。
コンタクトの洗浄もしなくてよいのです。
本当に受けて良かったです。
値段は高いですが、これから先コンタクトをずっと買い続ける事を考えると、それほど高くないです。
自由診療ですので、健康保険は適用されません。
通常病気や怪我の場合、3割負担で受診する事ができます。
どうしてもその人の生命や日常生活を維持していく上で治療が必要な場合に限って保険が適用されます。
レーシックは受けなくても日常生活に支障をきたすことはないので、保険が適用されないのです。
もしかすると、医療保険などに加入している人は、種類によっては保険がおりるかもしれませんので確認が必要です。
最近では保険に加入してレーシックを受け、すぐに解約するという事が多発したため、保険会社はレーシックに関して厳しくなっているのも現状です。
高額の支払いをしますが、医療費控除を受ける事ができます。
1年間で医療費の合計が10万円を超える場合、確定申告をすれば医療費控除を受ける事ができるのです。
大抵の場合、1度のレーシックだけで10万円を超えますので、受けた場合は忘れずに確定申告をしましょう。
少しですが還付されます。

コンテンツ

おすすめ