画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

レーシック治療の医療保険適用について

近年施術する方が増えているレーシック治療法ですが、この治療法は健康保険の適応がなく、自由診療となるため、高額な費用がかかります。
この治療法の料金は、各クリニックによって差があり、10万円程度で受けられるクリニックもあれば、50万円近くかかってしまうクリニックもあります。
これらの差額は、各クリニックによって使用する機器が違う事が、料金の差の原因だと言われています。
しかし、機器が違うといっても、治療方法自体に変わりはなく、安全性も高いものに違いはありません。
受けられる患者さんの眼の状態に合わせた機器で治療するので、角膜が薄い方や強度の近視の方などは高性能の機器を使用する場合があります。
実際、高性能になればなる程料金は高くなりますが、合併症や後遺症が軽減されやすくなります。
最初にも述べた通り、レーシックは健康保険が適応されません。
そのため高額になってしまうのですが、この手術に対して以前の生命保険の医療保険は適用されていました。
しかし、ここ1~2年の間に新規、または更新等で契約した生命保険会社の保険の内容は、この手術は保険適用外に変更されています。
それもこの手術を受けられる人の人数が増加したため、給付金を受け取る方が増えため適用されなくなったようです。
私は以前この治療法を受けた際、何年も前から加入していた生命保険で手術給付金を受け取った経験があります。
少し前の生命保険ですと、約款に定められているいる通り、手術を受けた場合給付金が受け取る事が出来ます。
もし、最近加入した保険以外の保険をお持ちの方は、一度保険会社に問い合わせてみると良いかと思います。
もし適用されなくても、年末に高額医療費控除の対象となる事があるので全ての領収書を持参し、税務署に確定申告に行ってみると良いと思います。
私がこの治療法を受けた時の料金は10万円程度でした。
この治療以外にも、他にも歯医者や内科など別の医療機関にもかかったので、全ての医療費の領収書を合わせて税務署に確定申告しました。
そしていくらか還付されました。
生命保険が適用されない場合でも、確定申告に行くと少しは還付される場合もありますので、領収書はきちんと保管しておいて下さい。
私が、レーシック治療を考えた時に、クリニックに説明を聞きに行き、料金の高さに驚き、少しためらいましたが、今後の生活を考えると眼鏡やコンタクトレンズから解放された生活が出来るので、その時の料金は高額でもやってみようと決心しました。
それまでは、長い間コンタクトレンズや眼鏡にお世話になっていましたが、意外にもコンタクトレンズ購入代、眼鏡のレンズ交換などの代金等で色々費用がかかっていました。
クリニックの医師に話をしたところ、これから先もずっとコンタクトレンズや眼鏡を使用した方が総額的に見て費用が高いという話をお聞きしました。
レーシックは一度きりの事で、その中には目薬やその後の検診代、手術前の診察代なども含まれていました。
それで10万円程度だったので比較的安い費用で抑えられた方だと思います。
もし、今コンタクトレンズや眼鏡にお世話になっている方は、一度のレーシック治療でこれから先ずっと自分の眼だけで良く見える生活をする事が出来るようになるので、是非お薦めしたい治療法です。

コンテンツ

おすすめ