画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

レーシック手術を経験した際の飲酒制限とその理由について

視力の回復に非常に有用なレーシック手術が最近では注目を集めています。
レーシックは、高精度のレーザーで視力を回復してくれる上に、大きい効果と手術に際しての安全性を実際に手術を経験した知人から聞いていたので、昔から視力が弱い私も手術に踏み切りました。
いざ手術をする前にはクリニックの担当医に詳しく検査と手術に関しての説明があり、安心してお任せをすることができましたが、レーシック手術には術前や術後に幾つかの制限事項があります。
例えば、運動や洗顔などそれぞれ制約内容に差異がありますが、その中でも私にとって苦痛だったのが飲酒に関しての制限でした。
私は毎晩何かしらのアルコールを飲むほどにお酒好きで、そのような者にとって非常厳しい条件でした。
クリニックの担当医の説明によると、制限する理由として術後に関しては、どうしても術後に炎症が起きてしまう可能性があり、お酒によってそれが悪化してしまうことも考えられるからとのことでした。
制限後は大よそ3日から1週間ほどで許可がおりるもので、私の場合は、術後3日後に再度検査をしてもらい許可がおりました。
実際として、術後に毎日の習慣であったお酒を飲むことができなかったことは多少の我慢を要しましたが、よくよく考えてみると他の手術に関しても、術後には必ず制限されるものなので、手術で得られる効用を考えれば些細な問題です。
ただ、私自身は3日でしたが、飲酒制限に関しては、施術するクリニックや術式によって差異があるようなのです。
私は制限されませんでしたが、クリニックによっては術後だけではなく、検査時や術前にも飲酒制限を課す場合もあります。
私の友人も検査時と手術前に飲酒の制限があった聞いていたので、実際に私を手術してくれた担当医にその理由を聞いてみたところ、クリニックごとにそれぞれ見解に多少の差異があり、制限を課すクリニックの考え方として、検査前に関しては、お酒によって眼圧があがるためと考えているとの見解でした。
しかし、実際には眼圧があがることで検査に影響がでるかは不明瞭のようです。
また、術前に関しては、お酒によって麻酔の効き目を悪くし、免疫を下げるという理由から制限をするケースもあるとのことでした。
しかし、それは全身麻酔に当てはまることであり、局部の目に麻酔を施すレーシックには当てはまらないというのが一般的だと私の担当医は説明をしてくれました。
恐らく不明瞭な部分も見越してあくまでも念のためという意向が大きいということなのだと思いますが、クリニックによって見解などに多少の違いがあるので、事前確認は必須であることには違いありません。
実際にレーシック手術を受けた感想としては、視力の回復によって景色が非常に綺麗に見れることに感動を覚えています。
特に、お酒好きの私にとっては、春には花見、夏にはキャンプなどで景色を楽しみながら飲むお酒は本当に活別なもので、手術時の飲酒制限などその喜びに比べたら些細な問題でした。
これから手術を受けようと思う方も、お酒に関してはクリニックの方とよく話し合いをして、納得をした上で手術を受けるよう心掛け、私のような喜びを味わってみて下さい。

コンテンツ

おすすめ