画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

レーシックを受けた後の自動車の運転など日常生活について

レーシックを受ける前は免許証の条件等に眼鏡等を付けなくてはいけないという条件書きがされている程でした。
かなり目が悪く視力も0.1以下で日常生活においても眼鏡を使用しなくてはいけない程でした。
たまたま雑誌を見ていたらレーシックの特集をやっており、興味を持つようになりました。
やはり目が良いにこしたことは無いですし、眼鏡をかけたりする手間も省けますし、何と言ってもスポーツ等で眼鏡を壊さないようにと気を遣ったりしなくても良くなりますので、とても惹かれる内容でした。
実際に手術を受けるのはそれからそんなに時間がかかるものではありませんでした。
一度興味を持つとやはりやりたくなってしまうのは仕方のない事です。
とりあえず街の眼科医の所に行きレーシックについて聞いてみる事にしました。
図などを用いて分り易く説明してもらえたので理解しがたい部分が特にはありませんでした。
費用に関しては保険の適用外になるという事で、多少割高な料金設定ではあったものの、眼鏡一個の値段と思えばそんなに高い物だとは感じませんでした。
直ぐに手術をする日について段取りをしてもらいました。
手術自体はものの30分程で終了してしまいあっという間だったなと感じています。
最初は目がぼやける感じがしたのですが、徐々に視界が鮮明になっていってかなり感動しました。
その日は運転や激しい運動はしないでくださいとの事だったので一日中安静にしていました。
次の日も大事を取って安静にしゆっくりしていたので車の運転なども特にせずのんびりと過ごしました。
最近騒がれているような光がまぶしくて煩わしいというような副作用は特になく、痛みに関してもそんなに気になる程のものでは無かったので、実際にイメージしていた程では無かったのは良かったです。
もちろん全く何も副作用が無かったというわけではなく1週間程はやはり目のゴロゴロ感はありました。
手術後3日目は普通に車の運転もする事が出来るようになっていました。
夜になって対向車のライトがまぶしく感じるかと思いましたが、特に眼鏡をしていた時と感じは変わらなかったのには安心感を覚えました。
やはり夜の走行などで対向車のライトがまぶしくて運転がし辛いようであれば、車に乗ることを控えなくてはいけませんからね。
その後の日常生活に関しても特に問題が生じるという事は特に無かったので非常に助かりました。
むしろ目が良くなったので新聞や小説を読んだりするのが楽しくなってきました。
眼鏡をしていた頃よりも、字を読むという行為に関しては断然楽になったという感じがします。
心配していたドライアイに関しては説明で半年ほどは続くという事は聞いていたので、その点は目薬を必ず必要になったら使うようにしていたので、特に気になるという事はありませんでした。
パソコンを使う仕事をしており、以前からドライアイ気味だったので、特にこの点は前とそんなに変わりがあるという事でも無かったです。
このパソコンを使った作業に関しても眼鏡をしていた頃よりも非常に目が楽になったかなと思っています。
1年も経てば何の不自由も無く仕事も日常生活も出来るので、特に不満と思っている事はありません。
車の運転に関しても問題なく可能です。

コンテンツ

おすすめ