画像
画像
画像
レーシックの体験談まとめサイト

レーシックで遠視が矯正されました

視力矯正と言うと、どうしても近視のイメージが強いものだと思います。
近くのものは見えるけど遠くのものが見えにくい状態を近視と言います。
逆に、遠視は遠くのものが良く見える状態のことを言います。
こういうと、「よく見えていいじゃん」と言われてしまうのですが、実際はそんなにいいものではないんです。
私は小さい頃から遠視が入っていました。
視力検査では視力がよく出ているので学校の検査には引っかからなかったんです。
確か、1.2ほどは視力が出ていたかと思います。
そのせいで周りも気が付かなかったのですが、私も生活に不便を感じることがなかったのでそのままにしてしまっていました。
違和感を感じ始めたのは高校生くらいだったと思います。
高校生の時は吹奏楽部に所属していたのですが、スコアが読みにくいと思うようになりました。
音符や記号だけではなく、自分のメモも読みにくく感じるようになったのです。
でも、遠くの景色なんかはよく見えるし、単純に疲れが原因かなと思ってやり過ごしていました。
でも、受験勉強が本格的に始まり、目の疲れや肩こりなどに悩まされるようになりました。
そこで初めて自分が遠視ということに気が付いたのです。
しばらくは専用のメガネをかけたりしていましたが、メガネ姿の自分には大変な違和感がありました。
それと共に遠視に対する周囲の理解と共感が得られなかったのです。
そのうち、レーシックという視力矯正の治療法が世間を賑わせるようになりました。
これは極度の近眼の人でも視力回復できるという治療方法です。
メガネやコンタクトレンズ必須だった人が、1.2や1.5もの視力が出るようになったということで大変な注目を集めていました。
私もこんな風に視力を矯正できれば…と思い色々と調べて見たところ、レーシックで遠視も矯正できるということを知りました。
どうも、レーシックの原理そのものが角膜を薄く削ることによって屈折率を変化させ視力を矯正するということなので、近視であろうが原理は同じだと言うことなのです。
でも、やはり人によっては手術ができない場合もあるそうなので、事前検査を受けることにしました。
事前検査では、眼球の状態や角膜の状態・厚さなどを検査しました。
私の眼は手術に適合する眼だということでしたが、手術のメリットもデメリットもきちんと聞いたうえで手術を受けることにしました。
ちなみに手術前1週間はコンタクトレンズをつけないでくださいとのことです。
眼を正常の状態に戻しておくためだそうです。
手術そのものはドキドキしているうちに終わってしまったというのが正直な感想です。
でも、光を見つめているうちに終わってしまったので、どこでメスを入れているのか全く分かりませんでした。
痛みも感じませんでしたよ。
手術後は少し視界が曇っていましたが、次の日あたりからは近くのものもはっきり見えるようになってきました。
正常に正しく見える感覚というのは初めての体験で嬉しかったです。
その後も肩こりや頭痛に悩まされるようなこともなく、レーシックを受けて良かったなと感じています。
ただし、未成年者は手術ができないそうなので、そのあたりはきちんと確認しておくといいかなと思います。

コンテンツ

おすすめ